決して安くない大阪の英会話スクールの費用を無駄には出来ない

SITEMAP

英会話

ニュース

2017年02月03日
英会話スクール選びは慎重にを更新しました。
2017年02月03日
英会話への近道と効率の良い勉強方法を更新しました。
2017年02月03日
英会話を学ぶ仕事以外でのメリットは?を更新しました。
2017年02月03日
英会話スクール選びで意外と大切なことを更新しました。

英会話できるようになるには最低3000単語必要

英語を話せるようになりたい、それなのに挫折してしまう人が多い。その理由は実践が明らかに少ないからと、知っている単語の数が少ないからだと思います。中学生で習う誰もが知っているような簡単な単語達、しかしこれを全部覚えたとしても、実際ごくごく簡単な英語しか話せません。
今大阪は、アプリやビデオチャットを用いた英会話の普及で非常に勉強しやすい環境にあると思います。1度、自分が単語を何個知っているかのテストを無料アプリなどで調べて見ることをお勧めします。5歳児レベルの3000単語でも、かなり難しい単語が出て来ます。いくら文法を勉強しても、実際の文や、英会話では動詞が抜けて簡単な言い回しにしたり、動詞と主語をひっくり返していないのに語尾が上がるだけで疑問文になったりするものが数多く存在します。頭で考えて訳すと会話は間に合わないので、定型文として覚えていきます。また、日本人にはLやRなど舌を使って発音する難しい単語があります。発音記号を知っていて、意味も分かっていてもこの単語1つ発音するのがとても難しいです。練習が必要です。
後英会話ですが、大阪の学校などに通ってもプラス自宅学習をして単語と発音を覚えて行かないと何年通っても話せるようにはなりません。特に、大阪の英会話スクールなどはテキストが存在するので、テキストをなぞった授業をするだけなので、覚えた物を実践する場という感じですのである程度話せる人向けのクラスが多いです。それでしたら、ビデオチャットを用いた英会話ですと価格も安く、最初お試しで、2回ほど無料で試せるものもあるので、試してみるのがいいです。

アウトプットの大切さとネイティブ発音の重要さ

単語やフレーズを沢山覚えるのは不必要だとは思いません。あまりにも知っている単語が少なければ会話も難しいでしょう。でも単語やフレーズを覚える事に重点を置いていては、中々英会話自体は上達しないと思います。義務教育の中学校で習う英単語やフレーズだけでも、簡単な日常会話位ならなんとかなるものです。ある程度語彙が増えフレーズも覚えたら、即実践出来る環境を持つ事が上達の早道だと思います。
大阪でネイティブと話す環境を作る事です。中にはネイティブ並みの発音で話される方や先生もおられると思いますが、やはりネイティブの発音が聞き取れなければ会話は成立しません。ただ趣味で習うだけとか、そう言う理由なら発音はあまり重要ではないかも知れません。でも、実際に海外旅行で使うとか海外生活をするからと言った理由であれば、発音はとても重要です。実際私自身イギリスで生活をしていて、母音の発音が微妙に違うだけでネイティブに理解して貰えず何度も聞き返される事があります。
例えばカラーとカタカナで書けば同じですが、color(色)とcollar(首輪)は発音が違います。日本人にとっては微妙な違いで、少しくらい違っていても分かってくれるだろうと思います。でもネイティブにとっては大きな違いになるのです。
そこで役立つのは、ネイティブのいる大阪の英会話喫茶やネットでのネイティブとの英会話レッスン等です。ネットを利用すれば気軽にネイティブの先生や話し相手を見つける事が出来ます。大いに利用して会話力をアップして下さい。大阪のカフェでマンツーマンレッスンも経験がありますが、これは必ず安全の為に公共の場で行う事をお勧めします。

英会話を活かせるボランティアをしてみよう!

英会話力はどんどん使うことによってレベルアップしていくものです。初めの第一歩は地道な勉強かもしれませんが、ある程度話せるようになったらあとはどんどん実践していくことが大事です。でも、大阪で仕事や旅行などで英会話を使う機会というのは限られていますよね。仕事で英語を全く使わない人も多いし、海外旅行なんてそう頻繁に行くものではありません。そこで、大阪で英会話を実践する機会としておすすめできるのが各種ボランティアです。大阪で英会話を活かせるボランティアにはこんなものがあります。
まずは観光ボランティアです。日本を訪れる外国人観光客は増えています。それに伴って外国人観光客に道案内をしたり観光ガイドをしたりするボランティアも求められています。仕事として外国人相手に観光ガイドをするには資格が必要ですが、ボランティアなら資格なしでもできます。地元の観光協会などで行っていることもあるので、挑戦してみてはいかがでしょうか。
次に日本語学習クラスのボランティアです。日本語を学ぶためのクラスを設けている自治体・NPOなどでは、学習補助のボランティアを募集しているところがあります。生徒の母国語が英語だとは限りませんが、日本に多く暮らすフィリピン出身者などは英語を話す人が多いですし、世界共通語である英語を話す移民・外国人労働者は多いです。日本語、英語を交えた会話で、日本語学習の手助けをするボランティアです。
国内の身近なところにも英会話を活かすチャンスはあります。ボランティアで人の役に立ちながら、英会話力を磨いてみてはいかがでしょうか。


海外生活や海外での活動に憧れがあるのなら、英会話を大阪で学んでおくといいでしょう。英会話を大阪で学んでおけば、どんな場面でも役に立ちます。海外で活動する若者は増加しているので、あなたもそうなりたいなら早いうちから英会話を習得しておくことをおすすめします。

注目の記事

TOP